アクセスカウンタの基本的な使い方


 基本的な使い方

アクセスカウンタを使いたいページ に、次のようなタグを<BODY>〜</BODY>タグの間に書いてください。(ここではindex.htmlにアクセスカウンタを設置する例を説明します)
以下に示しているタグは、必ず「1行」で記述してください。
<IMG SRC="http://www.iam.ne.jp/cgi-bin/Count.cgi?df=index.dat" ALT="">
すると、次のようにカウンタが表示されます。

もし、複数のページにカウンタを付けるのであれば、ページ毎に df=の後ろの部分を変えたものを記述する必要があります。
df=の後ろの部分は、以下のことに注意して指定してください。
  • 半角英数字や - (ハイフン)、. (ピリオド) の 1 バイト文字の組合せであること
  • 他の自分のページのdf=の指定とは異なったものを使うこと。同じものを使うと、ページのカウントの値がページ同士で共有されてしまいます

 複数のページでアクセスカウンタを利用する場合

他のページの df= の指定で同じものを使うと、ページのカウントの値がページ同士で共有されてしまいます。
その場合、index.htmlの他に、menu.html にカウンタを付けるのであれば、menu.html には

<IMG SRC="http://www.iam.ne.jp/cgi-bin/Count.cgi?df=menu.dat" ALT="">

のように記述してください。